Credit-card GET

クレジットカードの審査に落ちる理由はこの内のどれか!審査落ちを防ぐ3つのポイント

「クレジットカードの審査に落ちる理由がわからない」「どうしたら一発で審査に通るの?」クレジットカードの審査に落ちても、カード会社はその理由を教えてくれません。しかし、落ちるからには理由があります。
この記事では、審査に落ちる代表的な理由と、審査に通るための対策をお届けします。

クレジットカードの審査に落ちる3つの理由

まずは、審査の大枠を見ていきましょう。クレジットカードの審査に落ちる理由は、大きく分けると3つしかありません。

  • 申し込みが不自然な場合
  • 多重債務等の疑いがある場合
  • クレジットカードとあなたの相性が悪い場合

ほとんどの場合、上記1や2にあてはまらない限り、何らかのカードの審査に通るケースがほとんどと言われています(18歳未満の方や無収入の方をのぞく)。早速、それぞれの理由を見ていきましょう。


審査に落ちる理由1.申し込みが不自然な場合

申し込みが不自然な場合とは、次のようなことを指します。

  • 申込書の内容が虚偽申告と疑われるケース
  • 不自然にカードを何枚も申し込んでいるケース

カード会社が不自然なカード申し込みに神経をとがらせているのには理由があります。以前、反社会的勢力が主導して闇金の被害者等に虚偽名義などのカードを作らせ、資金源にしているという事件がありました。それ以外にも、不正なカード作成や使用による被害が発生しており、カード会社は虚偽申告には厳しく対応しているのです。また、不自然に複数のカードを申し込むと、申込者が資金繰りに困っている可能性が疑われます。「多くのお金を借りるために、慌ててカードを作ろうとしているのでは」と思われてしまうのです。逆に、海外旅行に行くなど理由がはっきりしている申し込みであれば大丈夫です。カード会社は、利用者に対する信用だけでお金を立て替えたり、貸したりしています。そのため、不正確な情報はカード業界にとってたいへん大きな問題とも言えるのです。ほとんどの場合、上記1や2にあてはまらない限り、何らかのカードの審査に通るケースがほとんどと言われています(18歳未満の方や無収入の方をのぞく)。早速、それぞれの理由を見ていきましょう。


審査に落ちる理由2.多重債務等の疑いがある場合

「多重債務等の疑いがある場合」とは、すでに他社から多くの借り入れがあり、今後返済が難しくなる可能性があると思われる場合です。カード会社には貸金業法や割賦販売法などによって、多重債務防止の努力をすることが定められています。もちろん、カード会社自身も貸し倒れは困るので、多重債務等の疑いがある人にはカード発行を避けます。


審査に落ちる理由3.クレジットカードとあなたの相性が悪い場合

「カードとあなたの相性が悪い場合」とは、カードのポリシーとあなたの状況がマッチしない場合を指します。たとえばクレジットカードのなかには、パートやアルバイトの申し込みを歓迎するカードと歓迎しないカードがあります。つまり、カード会社によって望む顧客層は違うのです。もし、審査に落ちる心当たりがないのにカードの審査に落ちたとしたら、カードの基準とあなたの現在の状況がマッチしていない可能性が高いでしょう。

クレジットカードの審査落ちを防ぐ3つのポイント

それでは、最後にクレジットカードの審査に落ちないためのポイントをまとめます。審査落ちを防ぐために大事なポイントは、次の3つです。

  • クレジットカードの申込書は正直に記入する
  • 多重債務等の疑いがある場合は申し込みを控える
  • 相性がよさそうなカードに申し込む

1.クレジットカードの申込書は正直に記入する

申し込み内容が不自然にならないようにするには、申込書を正直に書くことが大切です。利用額の総量規制のことを考えると、つい年収を多めに書きたくなったり、借入額を少なく書きたくなったりするかもしれません。しかし、なるべく正確に書くように心がけましょう。なぜなら、過去の申し込みや利用実績はすべて信用情報機関に登録されている以上、年収や借入額などの情報も信用情報機関に登録されているからです。カードの申し込み内容の間違いは、審査の過程ですぐにわかってしまいます。また、本人確認書類や年収証明を出すこともあり、ウソやごまかしはバレてしまいます。すると不自然な申し込みと判断され、審査落ちの原因となります。ちなみに、意外にも年収は比較的審査に影響しにくいポイントです。年収はカード限度額への影響はありますが、年収が低くても申し込めるカードはあります。これからお伝えする3つ目のポイントも踏まえて、あなたに合うカードに申し込みましょう。



2.多重債務等の疑いがある場合は申し込みを控える

もし今あなたが、リボ払いやキャッシングなどで多重債務に陥っているのであれば、新たなカードを申し込んで利用枠を増やそうとしないほうがよいでしょう。さらに借入が増えて、状況が悪化するだけです。消費生活センターなどの信頼できる機関に相談し、収支そのものや、生活の習慣などを見直していくほうが今後のよりよい生活につながります。



3.相性がよさそうなカードに申し込む

カード会社が掲げるポリシーと合わないカードは避けて、自分に合いそうなカードに申し込みましょう。じっくりカードのパンフレットやWebサイトを見ると、カードの特長や注意点が書いてあるはずです。たとえばサービス内容が海外にまつわるサービスばかりであれば、海外によく行く人に申し込んでほしいカードなのだな、とわかります。「主婦の方申し込みOK」と書いてあれば、安心して主婦の方も申し込みできます。Q&Aに「パート・アルバイトでも申し込みできますか」「大丈夫です」という項目があれば、パート・アルバイトでも大丈夫です。無職を除き、多重債務でなければ申し込めるカードはだいてい存在します。ぜひ自分にあったカードを探してみてくださいね。