審査が厳しいクレジットカードランキングは存在しないって本当?

「クレジットカードの審査は厳しいってホント?」「できれば審査が厳しいカードは避けたい…」クレジットカードを作るときのいちばんのハードルは審査ですよね。できることなら審査に落ちずに、スムーズにクレジットカードを手にしたいもの。この記事では、クレジットカードの審査にまつわる真相や、あなたの状況に合うカードを紹介していきます。

そもそもクレジットカードの審査に難易度はあるの?

クレジットカードの審査が厳しいとか甘いとか、このカードなら審査に通るとか通らないとか、そんな話を耳にしたことはありませんか?本当に審査の難易度に違いはあるのでしょうか?まずは審査の難易度の実態に迫ります。

 

クレジットカードの審査ランキングはアテにならない?

web上でクレジットカードを探していると、「クレジットカードの審査ランキング」などを見かけることもありますよね。そのような審査ランキングは、あてになるのでしょうか?答えはNOです。審査基準は非公開のため、審査の内容は消費者はもちろん、ライバルである他のカード会社も知るすべはありません。また、クレジットカードの利用限度額は、ある程度上限が決まっているなど、法律による規制があります。業界団体での審査の研修会もあります。つまり、審査基準には一定の幅があったとしても極端に甘い審査はありません。そのため、「審査に通るというウワサがあるクレジットカード」の方が、「審査に通らないというウワサのカード」より審査に落ちる人が多い、という現象もあり得るのです。

 

クレジットカードの審査ランキングはアテにならない?

一方、クレジットカードによって審査基準にまったく差がないのかというと、そんなことはありません。実は、審査には会社の個性が表れているのです。各カード会社には歴史があり、戦略があり、親会社や取引先とのしがらみもあります。また、どのカード会社も利益を上げるために利用者を増やしたいという思いがあります。しかし、誰にでも満足される商品を目指すと、個性のないつまらない商品となってしまいます。そのため、特定のターゲットに喜んでもらえるクレジットカードを発行する必要があります。カード会社のwebサイトを見れば、このカードはどんな人に向けて発行されているのかがわかります。カードの個性や特徴を考えれば、自ずと自分に向いたクレジットカードがわかるでしょう。つまり、利用者からすると「審査の難易度にはランキングがある」というより、「クレジットカードとの相性がある」といった方が正しいかもしれません。「とはいえ、ステータスの高いプレミアムカードは審査が厳しいのでは?」「銀行系カードも審査が厳しいイメージがある」と考える人もいるでしょう。それらのクレジットカードは、本当に審査が厳しいのでしょうか?続けて見ていきましょう。

銀行系のクレジットカードは審査が厳しいって本当?

一般的に銀行系カードは、信販系カードや流通系カードよりもステータスの高いカードとされ、審査も厳しいとされています。しかし、本当に銀行系カードは審査が厳しいのでしょうか。

銀行系クレジットカードの特徴

銀行系クレジットカードとは、銀行の子会社等が発行するクレジットカードブランドです。全世界で使える国際ブランドカードとして、VISA、Mastercard、JCB、AMEX、ダイナースクラブがあります。VISAカードは世界でもっとも加盟店の多いカードブランドです。JCBカードは、唯一の日本発祥の国際ブランドカード。JCB本体が発行する提携のないカードは、「オリジナルシリーズ」と呼ばれています。住友VISAカード(現三井住友VISAカード)は、日本で最初のVISAとの提携カードで、今でもVISAカードの日本での中心的役割を果たしています。三井住友VISAカードとJCB(オリジナルシリーズ)は、日本での国際ブランドカードの直系にあたり、いわばサラブレッドと言えるでしょう。一方Mastercardは、日本におけるクレジットカード発行の際、DCとUCにブランドが分かれてしまい、その後も次々と別ブランドで発行されたため、Mastercardブランドが印象に残りにくくなってしまいました。これらの歴史から、銀行系カードはできた当初より国際ブランドカードだったのです。



銀行系クレジットカードの審査の実態

VISAブランド、JCBブランドは高いステータスを誇っています。UCカードやDCカードも国際ブランドカードとして長い歴史を持っており、銀行系カードは高いブランドイメージを持たれています。また、銀行系カードは信販系、流通系カードに比べ審査に慎重な風潮がありました。銀行はリスクを避けるマネジメントをしていたため、傘下のカード会社も社風や方針が近かったと言えます。しかし、現在クレジットカードは銀行グループとしてだけでなく、単独の事業として利益をあげる必要があります。そのためにはより広い顧客層から、より多くの利用者を増やす必要があります。また、時代は多様化が進み、銀行系カードも会社の独自性を主張し、差別化を図る必要に迫られています。親会社の統合など、企業同士の連携や統合が進む中、クレジットカード会社も出身母体の業界を超えた合併が行われています。つまり、ブランドとしては銀行系のままですが、会社としては信販会社や流通系カード会社と統合されているのです。そのため、銀行系カードの中にも低所得者向けのサービスを強化する会社もあり、限度額を下げるなど、より審査に通りやすいカード審査基準に変えていく会社も出てきました。現在、銀行系カードも審査スピードも審査技術も進歩を繰り返しています。その結果、銀行系クレジットカードだから、審査が通りにくいと言えなくなっているのです。



ステータス系クレジットカードは審査が厳しい理由がある

一方で、ステータスカードはどうでしょうか?「ステータスの高いカード=審査が厳しい」という印象がありますが、果たして本当なのでしょうか。

ステータス系クレジットカードの特徴

「ステータスの高いカード」とは、どんなカードでしょうか?一言で言うと、持っていてカッコいいカード、使ってカッコいいカードですよね。「高い買い物はやっぱり現金で払う方がカッコいい」と思う方もいるかもしれませんが、カードによってはハイクラスな生活を感じさせるものもあります。つまりエグゼクティブが持っていそうなカードです。そんなステータスの高いカードは審査が厳しい、そう思い込んでいませんか?本当にそうなのでしょうか?

ステータス系クレジットカードの実態と審査事情

ステータスの高いカードには2種類あります。ひとつはアメリカン・エキスプレス(アメックス)やダイナースクラブのようなカード発行会社自体のブランドイメージと、もうひとつはゴールドカードやプラチナカードのように同じカードブランドのなかでも一般カードと区別されたプレミアムカードです。確かにステータスの高いカードと言われるプレミアムカードの中には、審査基準を厳しくしているカードもあります。心理学でも有名なマズローの5段階欲求でも優越欲求という欲求があります。「他の人は持っていない」「私だけ特別」という言葉は人間の心をくすぐります。そのため、カード会社はあえて誰でも持てるわけではないカードを作る戦略をとっているのです。当然、あえて審査基準を厳しくすることもあるでしょう。クレジットカードのなかには、インビテーション限定(招待制)にして、カード会社が利用者のなかから選んだ会員しか持てないカードもあります。ちなみに招待されたのに審査が通らない、ということもあり得ます。それは事前審査が禁止されているため。カード会社は社内情報(過去の社内の利用実績)を見ることはできるものの、社外情報(信用情報機関の情報)は事前に見られないのです。そのため、「優良会員と思って招待したのに、知らない情報があった」というケースも起こり得るのです。

審査が厳しくないステータス系カードも存在する?

しかしゴールドカードやプラチナカードのようなプレミアムカードでも、すべてのカードの審査が厳しいわけではありません。年会費を高くして、高級感のあるサービスを提供すれば、あえて審査を厳しくする必要がないと考えるカード会社もあります。また、プレミアムカードでも多くの人に申し込んでもらい、多くの利益を上げたいと考える会社もあります。一方、「格安ゴールド」と言われるゴールドカードなのに年会費が安く、限度額もさほど高くないカードもあります。もちろん、審査基準も厳しくありません。つまり、プレミアムカードにもいろいろあり、「ステータスの高いカード=審査が厳しい」とは限らないのです。